新・ヤマハ サイレントブラスを購入した。

Pocket

YAMAHA ヤマハの新しいサイレントブラス SB-7X を購入。

戸建てからマンションに引っ越ししてさらに大きな音を出せなくなったこともあり、旧タイプは封印していたのだが、今度の SB-7X はピッチも上々、音も数段小さくなったとの事で購入してみた。

実はネットで検索してプロが推奨している動画やらショップでの星の数やらで即決したというのが実情。

単純なんで。

前モデルで経験済みなのもあり、接続はスイスイ。

いろいろ目論んでいることもあり、コード類は長めのものをちと多めに用意した。

まずは本体のみでFあたりをふきこんでみる。 音は小さい。 普通くらいの会話を2~3人でしているよりも小さいのではないか。横で電話をしていても電話口をおさえこまなくてもいいくらい、かな。

旧タイプは通常のストレートミュートをさらに静かにした程度だったので格段の進歩である。

ハイノートを吹き込んでみる。旧タイプのように音がころびやすくなることはない。ピッチも悪くない。ちょっとだけフラット気味ではある。

低域。旧モデルでは使い物にならないレベルだったがまあまあ、使える。 長時間練習して変なクセがつかないようであればそれでいいと思う。 少し不安定なのと抜けの悪さがあるが昨今の格安トランペットとさほどかわらない。もともとストレートミュートやカップミュートをつけても低域は不安定なものだ。

 

さて、ヘッドフォンをセットして聞いてみる。 リバーブのオンオフスイッチがあるが、どちらもかなり自然である。

前述のプロの動画コメントにもあったが「素晴らしい!」というのは嘘ではない。かなりの再現性がある。おそるべし、YAMAHA サイレントブラス SB-7X

かなり力いっぱい吹き込んでみてはヘッドフォンをはずしてその静寂性に再び感動する。

 

外部入力で遊ぶこともやってみた。マイナスワンから音源をとりアイフォンから音を入力しながらプレイ。

これはかなり練習になる。というか 遊べる。

 

ひとつアイデアがひらめいた。

 

ヘッドフォンジャックからPAにつなぎ、トランペット+外部音源の音声をサイレントブラス経由でPAから出力すればどうか。

多少時差が発生するが、「そこそこの大きな音」でBGMに乗ってカラオケ演奏する事が出来るはずである。

トランペットはご存じの通りコントロール不能な大音響である。少々抑えてもうるさい。

オーディオで「そこそこ大きな音」で再生したとしてもたかが知れている。でもちゃんと酔いしれることができる。

その「そこそこ大きな音」の中で絶妙にトランペットの音量がバランスされた形でPAあるいはオーディオシステムから音がでれば素晴らしいではないか。

こじんまりしたライブハウスではトランペット等はおことわり、なのだが、生ギターオンリーのところでも心置きなくプレイする事ができるかもしれない。

いわばサイレントブラスを用いたトランペット音量リミッター効果、だ。

 

いずれ実験してどこかで報告することにしよう。

 

YAMAHA サイレントブラス SB-7X 現在アマゾンで14,990円(税・送料込み)

※消費税増税で値上げの可能性あり。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です